妊娠中の葉酸サプリは成分が重要!

妊娠中の葉酸サプリは成分が重要!

妊娠と葉酸の関係とは

 

妊娠と葉酸の関係は、2000年に厚生労働省が、妊娠を希望するカップルや妊娠中の女性は葉酸を積極的に摂取するべきとの勧告を出したことで、一気に注目を集めるところとなりました。

 

mamanic

 

葉酸とは、えだまめやモロヘイヤ、芽キャベツなどに含まれる成分です。
赤血球や細胞が新生される際の必須栄養素で、細胞の分裂や成長を助ける働きを持つとされています。

 

私たち人間は、卵子に精子が受精し、受精卵が子宮内膜に着床して細胞分裂を繰り返すことで生まれます。

 

しかし、加齢などの理由によって卵子や精子の質が低下したり、子宮内膜が十分な厚さを保てなくなると、うまく受精卵が出来なかったり、着床してもすぐに流産してしまったり、という問題が生じます。

 

また、卵子や精子の染色体にエラーがあると、胎児に二分脊椎や無脳症、ダウン症、発達障害などの先天性異常が発生するといわれています。

 

細胞の分裂や成長を助けてくれる葉酸を、妊活中や妊娠初期~中期にかけてしっかり摂取することで、これらの問題を100%ではないにしろ、ある程度未然に防ぐことができるのです。

 

葉酸サプリを選ぶ際は成分が重要

 

不妊を改善してくれたり、胎児の先天性異常を予防してくれる葉酸サプリ

 

巷では、数多くの葉酸サプリが販売されていますが、『葉酸』と名がつけばどれを飲んでも同じというわけではなく、商品を選ぶ際には、配合されている成分をしっかりチェックする必要があります。

 

mamanic

葉酸サプリを選ぶ際に、最低限押さえておきたいのは、『天然葉酸を使ったサプリメントであること』『葉酸以外の栄養素がバランスよく配合されていること』『味や匂い、粒の大きさなどが飲みやすいこと』『原材料の放射能チェックがしっかり行われていること』の4点です。

 

これらを踏まえた上で、さらにこだわりのサプリメントを選びたい! という方には、『ベジママ』もしくは『ベルタ葉酸サプリ』をおすすめします。

 

 

 

まず『ベジママ』は、話題の健康野菜・アイスプラントから抽出したピニトールという成分が配合されていることで人気の葉酸サプリです。

 

ピニトールはアメリカでは、多嚢胞性卵巣症候群という不妊の原因にもなる病気の治療にも使われている成分で、血糖値を抑える働きがあります。

 

ピニトールが配合されている葉酸サプリは『ベジママ』以外にはあまり見当たらないので、最新の健康成分に目敏い方の中には、それを理由に『ベジママ』を選ぶ方も少なくないようです。

 

もう1つの『ベルタ葉酸サプリ』は、豊富な栄養成分が特徴的な商品です。
葉酸はもちろんのこと、27種類のビタミン・ミネラル、16mgの鉄分、232mgのカルシウム、21種類の野菜、6種類の美容成分と、さまざまな栄養素がバランスよく含まれています。

 

また、香料や着色料、保存料、漂白剤、防かび剤などの添加物を一切使用していないため、体にも優しく、安心して飲み続けることができます。

 

自分に合ったサプリを選びましょう!

 

ドラッグストアやWEBの通販サイトを覗いてみると、さまざまな種類の葉酸サプリが置いてありますので、上記に挙げた2つの商品だけではなく、他のサプリメントも見比べてみて、納得して飲み続けられそうなものを選んでみていただければと思います。

 

葉酸サプリは一定の期間飲み続けてこそ十分な効果を得られるサプリメントです。

 

成分はもちろんのこと、粒の大きさや味、匂いなど、飲みやすさの面からもしっくりくる商品を見つけていただければ幸いです。